ニュース

ハワイ日米協会 — 2021 Bridge Award

11月10日, 2020 – ソニー株式会社はこの度、ハワイ日米協会より2021 Bridge Awardを受賞しました。Bridge Awardは、毎年ハワイと日本のより良い関係を導くべく橋渡しをしている個人、もしくは企業に贈られる名誉ある賞です。ソニーは、ソニーオープンの開催に向けたコミットメントおよび投資・支援を通じ、過去22年間で$20.4mil.にのぼるすべての収益をハワイの子どもたち、女性、高齢者、低所得者層などをサポートする非営利団体に寄付実現しています。このハワイの人々及びその文化の発展をサポートしてきた功績が認められました。

ソニーは謹んでこれを受理するとともに、PGAツアー、チャリティパートナーのFriends of Hawaii Charities、Harry and Jeanette Weinberg Foundation、ハワイ州、スポンサー、メディアパートナー、参加プロ、ボランティア、ファン、そして今までソニーオープンに貢献してくださったすべての皆様に感謝いたします。

Bridge Awardについて詳しくはこちら:
https://www.jashawaii.org/2020-annual-gala-silent-auction (英語のみ)

 

2020年ソニーオープン・イン・ハワイ概要

Ho‘omaika‘i to 2020 Sony Open in Hawaii champion Cameron Smith!  (おめでとう、2020年のソニーオープン・イン・ハワイ・チャンピオン、キャメロン・スミス!)

悪天候に見舞われた戦いのあと、最後に勝利を掴んだのはオーストラリア人プレイヤーのキャメロン・スミスでした。26歳のスミスがPGAツアーの収益を1,000万ドル以上押し上げたため、優勝賞金は$1,188,000となりました。スミスは3打差アドバンテージの首位、ブレンダン・スティールを追って通算11アンダーで並び、プレーオフに突入。1ホール目(10番)でボギーのスティールに対しスミスがパーとし、ツアー通算2勝目を果たしました。

2020年ソニーオープン・イン・ハワイトーナメントの概要をダウンロード

新年の幕開けを飾るソニーオープン・イン・ハワイは、ハワイ最大のチャリティーゴルフイベント。1999年以来、350を超えるハワイの非営利団体へ通算1900万ドル以上を寄付しています。PGAツアーの歴史上3番目に長くタイトルスポンサーを務めるソニー株式会社は、2018年にPGAツアーとパートナーシップを少なくとも4年後の2022年まで延長することを発表しました。トーナメントの主催者フレンズ・オブ・ハワイ・チャリティーズは、ソニーオープン・イン・ハワイの収益とハリー・アンド・ジャネット・ワインバーグ財団のチャリティパートナーシップのもと、毎年100万ドルの慈善寄付を行っております。

 

その他のニュース (英文):

 

Japanese