ニュース

2020年ソニーオープン・イン・ハワイ概要

Ho‘omaika‘i to 2020 Sony Open in Hawaii champion Cameron Smith!  (おめでとう、2020年のソニーオープン・イン・ハワイ・チャンピオン、キャメロン・スミス!)

悪天候に見舞われた戦いのあと、最後に勝利を掴んだのはオーストラリア人プレイヤーのキャメロン・スミスでした。26歳のスミスがPGAツアーの収益を1,000万ドル以上押し上げたため、優勝賞金は$1,188,000となりました。スミスは3打差アドバンテージの首位、ブレンダン・スティールを追って通算11アンダーで並び、プレーオフに突入。1ホール目(10番)でボギーのスティールに対しスミスがパーとし、ツアー通算2勝目を果たしました。

2020年ソニーオープン・イン・ハワイトーナメントの概要をダウンロード

新年の幕開けを飾るソニーオープン・イン・ハワイは、ハワイ最大のチャリティーゴルフイベント。1999年以来、350を超えるハワイの非営利団体へ通算1900万ドル以上を寄付しています。PGAツアーの歴史上3番目に長くタイトルスポンサーを務めるソニー株式会社は、2018年にPGAツアーとパートナーシップを少なくとも4年後の2022年まで延長することを発表しました。トーナメントの主催者フレンズ・オブ・ハワイ・チャリティーズは、ソニーオープン・イン・ハワイの収益とハリー・アンド・ジャネット・ワインバーグ財団のチャリティパートナーシップのもと、毎年100万ドルの慈善寄付を行っております。

 

その他のニュース (英文):

 

Japanese