2021 Sony Open in Hawaii at Waialae Country Club

Important updates and information related to COVID-19

November 4, 2020

As a precaution in the COVID-19 environment, the 2021 Sony Open in Hawaii will be played without fans in attendance.  This difficult decision was made to ensure the health and safety of our island community and visitors.  The Sony Open in Hawaii Pro-Ams (a Monday Pro-Am and Wednesday Official Pro-Am) are currently in the planning process in accordance with appropriate protocols developed in concert with PGA TOUR and State guidelines to ensure the welfare of all participants. 
 
Despite the limitations imposed by COVID protocols, we are so grateful to all of you for supporting the Sony Open in Hawaii and the important work of Friends of Hawaii Charities, especially in these times of increased challenges. As one of Hawaii’s largest fundraising sporting events, the $1.2 million that the Sony Open generates annually for Hawaii’s charitable organizations is a vital part of addressing the grave needs so many in our island community now face. Mahalo nui loa!

In 1999, a unique and super-charged synergy filled the balmy atmosphere of Hawaii! Sony Corporation became the title sponsor of the "the inaugural” of every PGA TOUR calendar year – the Sony Open in Hawaii! Charity host, the Friends of Hawaii Charities, leads the charge to address the needs of women, children, the elderly, and impoverished by distributing grants for the work of numerous Hawaii not-for-profit organizations. Over $20 million dollars’ worth – going straight to Hawaii islanders who cherish the support of Sony Corporation, Hawaii Tourism, Waialae Country Club, The Harry and Jeanette Weinberg Foundation, and numerous private sector sponsors. 

“I would like to take this opportunity to thank Friends of Hawaii Charities for their kind support, along with the generous matching program provided by The Harry and Jeanette Weinberg Foundation,” stated Kenichiro Yoshida, Chairman, President and CEO of Sony Corporation. “We are grateful for our partnership ‘giving back’ to the people of Hawaii for their aloha and support. Sony is a creative entertainment company with a solid foundation of technology, and we find the Sony Open in Hawaii a perfect place to demonstrate our company’s commitment to bring golf fans worldwide the best viewing experience through our technology.” Sony’s commitment to the people of Hawaii has a long and beautiful history, that has produced a strong bond of partnership continuing into the future.

Corbett A. K. Kalama, President of Friends of Hawaii Charities, said, “Sony’s “distinctive legacy” benefits programs that support and serve Hawaii’s women, keiki, elderly, and impoverished. 

The Sony Open in Hawaii is the largest charity golf event in Hawaii. 2021 marks the 23rd year of Sony Title Sponsorship. In 2018, the PGA TOUR, Sony, and Friends of Hawaii Charities announced the extension of the Sony Open tournament through 2022, making Sony (one of two) the third-longest tenured Title Sponsor on the TOUR.

Ho‘omaika‘i to 2020 Sony Open in Hawaii champion Cameron Smith! The 26-year-old Australian was the last man standing on championship Sunday after a rare week of wind and rain. Smith birdied the last hole of regulation to catch leader Brendan Steele, then parred the first playoff hole just as darkness overtook Waialae Country Club. Smith’s first prize of $1,188,000 pushed his PGA TOUR earnings over $10 million.
 

Recent News »

新型コロナウィルスに関する重要なお知らせ

2020年11月4日

2021年ソニーオープンは、新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大防止のため、無観客で行われることとなりました。ハワイ州のみなさまの健康と安全を第一に考えた上での苦渋の決断でした。ソニーオープン・イン・ハワイ、プロアマ戦(マンデープロアマ戦と公式プロアマ戦)につきましては、現在PGAツアーと州のガイドラインに従い、細心の注意を払いつつ、実施予定です。
 
新型コロナウイルスの影響で制限された状況にもかかわらず、ソニーオープン・イン・ハワイとフレンズ・オブ・ハワイ・チャリティーズの活動をサポートいただき、心から感謝申し上げます。ハワイ最大のチャリティスポーツイベントの1つであるソニーオープンが生み出す120万ドルは、深刻な状況に直面しているハワイの人々を支援するために使用されます。
 
マハロ ヌイ ロア!(ありがとうございます!)

ソニー株式会社が日本人から愛されるハワイでのゴルフトーナメント、ソニーオープン・イン・ハワイのタイトルスポンサーになったのは、1999年のことです。ソニーオープンはPGAツアーの開幕戦にあたり、世界中から大きな注目を集めるトーナメントです。この運営母体であるFriends of Hawaii Charitiesはハワイの非営利団体へ助成金を提供することにより、女性、子ども、高齢者、低所得者層の支援をしています。ソニー株式会社、ハワイ州観光局、Waialae Country Club、The Harry and Jeanette Weinberg Foundation、および多くのプライベートセクタースポンサーのサポートもあり、これまで2,000万ドル(約22億円)以上の寄付金がハワイの人々へ届けられました。

「今回もソニーオープン・イン・ハワイの開催をサポートでき、Friends of Hawaii Charities、そしてマッチングプログラムをしてくれている The Harry and Jeanette Weinberg Foundationに大変感謝しています。また、ハワイの人々への「恩返し」を継続でき、大変嬉しく思います。
 ソニーはテクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンターテインメントカンパニーであり、このソニーオープンを、技術を通じて世界中のゴルフファンへ最高の視聴体験をお届けしたいという我々の姿勢を示す最適なイベントと位置づけています。
 この取り組みによってソニーとハワイの人々の間には長く美しい歴史が築かれました。またその絆がこれからも長く続くものと期待します。」
——— ソニー株式会社 会長 兼 社長 CEO吉田 憲一郎

「ソニーオープン・イン・ハワイとは、ソニーによる「特筆すべき長年に亘る取組み」であり、ハワイの女性、ケイキ(ハワイ語で子どもの意味)、高齢者、低所得者層を支援し奉仕し続けています。」
——— Friends of Hawaii Charities社長、Corbett A.K. Kalama

ソニーオープン・イン・ハワイは、ハワイで最大のチャリティーゴルフイベント。2021年、ソニーがタイトルスポンサーを努めて23年目を迎えます。2018年、PGAツアー、ソニー株式会社、Friends of Hawaii Charitiesは、2022年までのソニーオープンのタイトルスポンサーシップ延長を発表しました。ソニー株式会社はPGAツアーの歴史上3番目に長くタイトルスポンサーを務めることになります。

Ho‘omaika‘i to 2020 Sony Open in Hawaii champion Cameron Smith! (おめでとう、2020年のソニーオープン・イン・ハワイのチャンピオン、キャメロン・スミス!)悪天候に見舞われた戦いのあと、最後に勝利を掴んだのはオーストラリア人プレイヤー、キャメロン・スミスでした。スミスは最後のホールでバーディーとし首位のブレンデン・スティールを捕らえ、真っ黒な雲がコース上の空を覆うと同時に最初のプレイオフでパーとしました。26歳のスミスがPGAツアーの収益を1,000万ドル以上押し上げたため、優勝賞金は$1,188,000となりました。

 

最新ニュース »